こんにちはiPhone修理suukです。

当店ではトイレに落としたり、iPhoneをズボンのポケットに入れ忘れ洗濯機に回してしまった等の水没修理で良くご来店頂きます。

また水没してからその日にご来店頂く方もいらっしゃれば、数日たってからご来店頂くお客様もいらっしゃいます。

もちろん水没修理、データ復旧に関しては時間との勝負になりますのお早目にお持ち頂く方が成功率も高まります。

そして残念ながらデータ復旧できない場合もございます。

今回は少しでも復旧率を上げる為に、水没後にお客様自身で行って頂く応急処置をご案内させて頂きます。

これらを事前に行って頂くだけで復旧率は必ず変わりますので、是非お試し下さい。

水没後の応急処置について

① 電源を切る!

iPhone本体に水分が入ったまま電源を付ける事によってショートしパーツが故障します。

一番多いパターンとしては、水没の影響で大きな電流が流れバッテリーが故障するパターンです。

この様な場合はバッテリーの交換で復旧する事が多いです。

厄介なのがiPhoneの心臓部分である基盤と言うパーツがショートする事です。

基盤と言うのは各チップが収納してありそこでiPhoneの機能やデータの管理をしている部分にあたります。

そのパーツがショートしてしまうとデータ復旧が困難になってしまいます。

② ケース、カバー類を外す

これはケース、カバー自体に水分が付着してしまっているのでそこから内部に浸水を防ぐ為です。

ケース、カバーの水分を除去する場合はティッシュや乾いたタオルでふき取って下さい。

③ タオルやティッシュでふく

本体部分は乾いたタオル等でふきとってもらいます。

ヘッドホン端子、コネクタ(充電器の差し込み口)はティッシュをひも状にひねって細かい部分の水分をふき取って下さい。

④ SIMカードを抜く

SIMカードが水没によって壊れたと言う例もありますので、早急に抜き取ってティッシュ等に包んで水分を抜き取って下さい

やってはいけない事

①冷蔵庫に入れる

②電源を入れる

③ドライヤーで乾かす

④充電器に差し込む

⑤PCに接続する

⑥電子レンジに入れて乾かす

⑦iPhoneを振る

これらをやる事で復旧率は下がってしまいます。

やる事により水分によるパーツの錆びの進行を進めたり回路がショートします。また電子レンジに入れてかわかす事は完全に壊してしまうので絶対に辞めましょう。

簡単にご案内をさせて頂きましたが、応急処置、やってはいけない事を行って頂き当店にお持ち頂ければ復旧率は断然に違います。

水没してしまった際には焦らずに是非お試し下さい。

水没修理、データ復旧の詳細はこちら!!