検索エンジンの変更方法

iPhoneではSafari(サファリ)と言うブラウザが使われており、そのsafariの設定から検索エンジンを変更する事ができます。

またデフォルト(標準)ではGoogleに設定されております。

雑談ですがGoogleが標準で設定されている理由として、GoogleがAppleに日本円で1000億円以上払って契約しているみたいです。

それでは変更方法に入ります。

まずiPhoneの設定に入って頂きます。

iPhoneの設定画面

するとこの様にSafariとありますので入って頂きます。

safariの設定画面。

この中からどの検索エンジンを使うか選択ができます。

設定できる検索エンジンについては、この4つから選択する形になります。

safariの検索エンジン変更。

これだけで簡単に変更する事ができます。誰でもできると思いますので一度お試し下さい。

各検索エンジンの説明

Google

みなさんご存じだと思います。検索エンジンの王様的な存在です。

世界シェアでは第1位となっており、日本国内では2位となっております。全体の39%の方が使われています。

先程のiPhoneのデフォルト設定や、若い世代の男性が好んで使われる傾向が強いみたいです。

またYahooに検索エンジンの提供をしているようで、検索エンジンだけのシェアでは日本国内でも1位です。

簡単に言うとYahooがGoogleに検索エンジンだけ借りていると言った状況です。

そう言った理由から、検索エンジンと言えばGoogle!! と言われのだと思います。

Yahoo!

日本国内でのシェアは1位です。全体の49%の方が使われている様です。

人気の理由としてはTOPページに色んなコンテンツがある事の使いやすさと、Googleよりも2年早い設立で地位を確保できた事も理由として考えられます。

私自身もYahoo!を使っておりますが、とりあえず何でも揃ってるから!と言う理由です。

ニュースを見たい時には最新のニュースが掲載されている、それぞれのジャンルに分けられておりスポーツ、経済、芸能等といった情報が豊富です。

またヤフオクやショッピングもある事から特に女性に支持されいてる様です。

言い方が悪いかもしれませんが、ごちゃごちゃしているYAhoo!とシンプルなGoogleと言った感じです。

Bing(ビング)

ビル・ゲイツによって設立したマイクロソフトの検索エンジンです。

日本でのシェアはPCで5%,スマホでは0.1%の様です。

特徴としてはTOPページに話題の検索ワードやその画像が出てきてきます。

またBingの検索対象にFacebookのソーシャル情報を加える事でソーシャル検索に力を入れているようです。

DuckDUCKGo(ダックダックゴー)

ウィキペディアによるとプライバシー(英語版)の保護とユーザーの情報を記録しないことを検索エンジンとしてのスタンスとしている。

この様に記載がありました。

またサイトにも記載があります。(あなたを追跡しない検索エンジン)

特徴としては広告がなく、個人情報を記録しない。過去に何を検索したかも記録しない検索エンジンです。

アヒルマークにしているのも避けろ!とか言う意味のようです。避けろ避けろ行け!記録を残すな!みたいな意味合いの様です。

DuckDUCKGo

オススメ

4つの検索エンジンをご紹介させて頂き当たり前って言えば当たり前ですが、オススメはYahoo!かGoogleかな!と言う感想です。

理由としてはたくさんの人が使っている!

これだけです!

ビジネスマンであればGoogle、学生や主婦はYahoo!かなと言う個人的な感想もあります。

またDuckDuckGoも発案が面白事と、お試しで使ってみるのもありかなと思います。

以上、iPhoneの検索エンジン変更方法と説明でした。

皆さんのお好みで選んでみてはどうでしょうか!