紛失、盗難時の対処法

道端に落としてしまったりとでiPhoneがない!!
私自身も経験がありますし、当時発売されたばかりのiPhone6Sを駅のホームで落としているのを見かけた事もあります。
もちろん駅員さんにそのままお渡ししました。
自己責任の紛失ではなくても、盗難にあってしまった方。
こんな方もいらっしゃるかと思いますので対処方についてご案内させて下さい。

iPhoneを探す 機能を使います。
GPSを使いiPhoneの現在地を地図上に表示できます。
ただし使用できる際の条件があります。
①iPhoneの電源が入っている事
②位置情報がオンになっている。
③iPhoneを探す機能がオンになっている。

PCでiPhoneを探す場合。

ヤフーやグーグルの様な検索エンジンでicloud.comと検索をかけて下さい。
下の画像iCloudに入って頂きます。

スクリーンショット (6)

icloud.com

入って頂くとログイン画面になり、AppleIDとパスワードを入れます。
AppleIDとパスワードがわからない方はこちら!!

スクリーンショット (2)

icloud.com

するとこの様な地図が出てきます。
右下のチェック項目から標準、航空写真、地図+写真と選択する事もできます。

スクリーンショット (4)

iPhoneの現在地

他のiosを使いiPhoneを探す場合。(友人、家族のiPhoneやiPad,Mac等)

PCの手順とほほ同じです。
icloud.comと検索をかけて頂き。
icloud.com

iPhoneを探すをクリック。
iPhoneを探す

IDとパスワードを入力すると現在地がでます。
iPhoneの現在地

再生音を鳴らす!

こちらは家の何処かにあるけどわからない!と言う時に使えます。
大きな音とこの様な表示がでます。

iPhoneに再生音を鳴らす。

iPhoneを探す警告

紛失モード
見つけた方へのメッセージを送る事ができます。
紛失モード

紛失モードのメッセージ。

iPhoneの消去
こちらは全てのデータが初期化されてしまうので、バックアップを取っている前提です。

iPhoneのデータ消去
iPhoneのデータ消去

これらのiPhoneを探す方法については初めにご説明させて頂いた様にこれらが条件になります。
①iPhoneの電源が入っている事
②位置情報がオンになっている。
③iPhoneを探す機能がオンになっている。

理由としは。
GPSはオフラインでも繋がりますが、GPSからiPhoneに位置情報が取得できてもiPhoneからその他デバイスに位置情報を送信できない為の様です。

まずは自分の番号に電話する。
一日の行動を振り返り再度探してみる。
警察署へ被害届けを出してみる。
これらをやって見てから試してみてはいかがでしょうか。
以外に身近な所にあったりするので!

みなさんiPhoneを無くさない様にお気を付け下さい。