熱が高くなる原因

ご覧下さい。
これはiPhoneが高温になった際に出てくる画面です。

iPhoneが熱い。

iPhoneが熱い。

ご覧頂いた通り、熱が下がるまで停止状態です。

iPhoneの中にはCPUという人間の脳にあたる部分があります。
このCPUはiPhoneが稼働している際は常に稼働しています。
CPUが稼働している最中に充電やゲーム、LINEをする事で、
さらにCPUの稼働率が高くなり熱をおびます。
結果、高温状態となります。

人でも歩いている時と走っている時では体温が違うと思います。
走っていて限界まできたら休憩しますよね?
iPhoneも少しは休ませてあげて下さい。

下記の様な事はなるべく避けた方が良いです。
①充電しながらiPhoneを使う
②車のダッシュボートの様な高温の場所に置かない。
③直射日光に当て続ける。
④分厚いiPhoneカバーを使う。
どれも温度を上げてしまう可能性があります。

熱くなるとどうなるのか!!
結論から申し上げますとバッテリーの劣化に繋がります。
この様な症状の方もいらっしゃいます。

iPhoneが膨らむ。

iPhoneが膨らむ。

iPhoneのバッテリーが膨らむ。
バッテリーがパンパンに膨れ上がっています。

ちなみにこちらは通常の状態のバッテリーです。
IMG_1305.jpg88

先程の様にバッテリーが膨らんでしまうと中から画面を押し上げてしまいます。
こうなるとバッテリーだけの問題ではなくなります。
良くある症状が、
①画面が浮く
②画面が外れる。
③画面、液晶に縦線が入る。
④ハッチパネルが反応しない。

バッテリーが画面を押し上げる事により、
液晶パネルやケーブルセンサーまでも損傷を起こします。。
結果この様な液晶パネルにも被害がおよんでしまうと言う事です。

また画面との隙間ができる為、水没状態にも繋がります。

水没状態になるとどうなる!!

水没状態とは何かしらの原因で中iPhoneに水分が入ってしまう事です。
まずざっと起こりえる現象として、
①液晶不良で操作ができない。
②変な色がにじみ出る。
③画面に線が入る。
④誤作動が起きる。勝手に電話発信等
⑤iPhoneの電源がつかない、起動しない。

①②③に関しては、先程のバッテリー劣化でおこる損傷と同じです。
液晶タッチパネルやケーブルセンサーの損傷がほとんど原因です。
④⑤につきましては、
iPhoneに水分が入る事でパーツが錆びます。
錆びる事でパーツが腐食損傷する。
充電をしたり電源をオンオフする事による通電でのショート。
等が原因となります。
また基盤という部品があるのですが、その基盤が損傷する事によりデーターを取り出す事も困難になります。
その基盤を直せる修理屋さん自体が少ないので、自ずと修理代金が高額になります。
その他の症状についてはパーツの交換のみで直りますのでバッテリーに異常を感じたらお早めの修理をおススメ致します。

iPhoneが熱い!!→熱くなるとどうなるか!→水没状態になるとどうなるか!!
お話しが少し膨らんでしまいましたが、この様な現状もありえますので気を付けて下さい。

当店のご案内

当店は大阪心斎橋、アメ村、難波、梅田はもちろん。兵庫県、奈良県とたくさんの地域のお客様にご来店頂いております。もしiPhoneに不具合がありましたら修理にお越し下さい。お待ちしております。


koe3jpgsyyusei4.jpg2_.jpg22
大阪 心斎橋 難波 iPhone修理スマホ買取suuk心斎橋店では、たくさんのお客様にご利用いただいております。
お客様の声はこちら>>
アクセス方法

※心斎橋駅 7番出口より徒歩3分 ※難波駅からも徒歩5分
アメリカ村三角公園の向かいですが、万が一場所がわからなければお気軽にお問い合わせください。
三角公園から御堂筋方面を見て、黄色いビルの5階になります。

map_cs6

建物
店舗情報

古物商許可証 大阪府公安委員会第622030123981

店舗名 iPhone修理スマホ買取suuk心斎橋店
住所 大阪市中央区西心斎橋1-7-8 シンズ三角タワー5階
営業時間 11:00〜23:00 ※21時以降の修理は20時までに予約が必要となります
電話番号 06-6121-2728
ホームページ http://iphonerepair.jp/